広島県広島市佐伯区で瓦屋根の棟瓦のズレ止め工事を行いました。 先日、お客様から 「最近台風が多くて、屋根が大丈夫か気になっている」 とのご相談を受け、診断後棟瓦のズレ止めの工事をさせて頂きました。 瓦や棟瓦のズレ止め工事の中に、「ラバーロック」と呼ばれる工事があります。 「ラバーロック工事」とは、日本瓦やセメント瓦などが用いられている屋根に対して、 瓦と瓦同士を接着剤のようなコーキング材などを用いて固定させる工事の事です。 主に、隙間を埋めるためや瓦のズレを防止するために行われる工事です。 工事前の写真です。 棟瓦が大きくずれていることが分かります。 工事中の写真です。 コーキング材を塗ります。この時に、瓦と瓦が合わさっているT字部分にのみ塗ることで、 最低限のコーキングで多くの棟瓦を固定することができます。 工事後の写真です。 均等にT字部分のみ施工を行っています。これで、棟瓦のズレなどを防止することが出来ます。   ラバーロック工事は、 自然災害が多い地域や突風・地震対策が気になっている地域やお住まいに必要になる場合が多いです。 お住まいがある地域の状況を知って、適切な方法で施工をしていくといいと思います。 現在も台風の発生が頻繁に起こり、日本全国に被害を与えています。 広島にもいつ大きな台風が来て、どんな被害が出るのか予想が出来ない状態です。 お出かけする際に、ちょっと周りに目を向けてみたいですね。