広島県広島市佐伯区で基礎巾木ひび割れ補修工事を行いました。 先日、お客様から 「基礎の部分に大きなヒビがあるから見に来てほしい」 とのご相談を受け、ひび割れの補修工事を行いました。 工事前の写真です。 基礎に大きなひび割れがあります。 基礎に大きなひび割れがあるまま放置しておくと、雨水の侵入や地盤沈下、 お住いの耐震性の低下等様々な被害をもたらします。 ひび割れの程度のにもよりますが、 ひび割れを発見した場合には早めに専門家に見てもらうようにしましょう。 工事中の写真です。 ひび割れの部分を、樹脂モルタルで補修します。 また、モルタルが浮いていた部分もあったので既存のモルタルを落とし、 欠損部にプライマーを塗布します。 工事後の写真です。 仕上げに全体に基礎用の防水材を塗布して、ひび割れのない綺麗な基礎巾木になりました。 基礎用の防水材を塗装することで、雨水の吸収を防止することが出来ます。また、補修部分も目立たなくなります。 内部を雨水から守るためには大変重要な工程なんです。 関東の方でも、秋雨前線などの影響からゲリラ豪雨も発生しました。 ゲリラ豪雨などの突然の雨だと直前に対処することは難しいです。 しかし、お出かけ前にでもちょっと確認してみることで未然に防ぐことが出来ます。 考えるより行動することも大事かもしれませんね。