広島県廿日市市で屋上防水の傷みの無料診断を行いました。 先日、お客様から 「屋上が傷んでいる。防水工事をしようと考えているから見に来てほしい。」 とのご相談を受け、無料診断を行いました。 写真から分かるように、 塗装した部分がひび割れていたり、黒く汚れが付いている部分もありました。 表面の防水層が剥がれていたり、ひび割れていた場合には、放置しておくと雨漏れの原因になります。 屋上は、雨の日も風の日も私たちを守ってくれますが、 経年劣化や紫外線の影響もあり傷んでくるのが他の場所よりも早くなります。 その為、雨漏れや水漏れの原因の1つになってしまうのです。 浸水した状態で放置をしてしまうと、 建物の寿命にも関わってくるので適切な処置が必要となります。 今回のお住まいのような場合、塗膜防水工事を提案しています。 塗膜防水工事とは、屋上に防水材料を塗る工事の事です。 液状の塗料を使用するため、隅まで防水加工ができるので屋上の形を問わず施工することが出来ます。 注意点として、塗料を乾燥させる時間が必要となるので、工事期間が長くなってしまいます。 最近、ゲリラ豪雨等の突然の大雨が日本全国で発生しています。 雨が降るか雲を見上げると同時に屋上にも目を向けてみるといいですね。