広島県廿日市市で床下の湿気・カビによる劣化等の無料診断を行いました。

先日、お客様から

「床下の湿気が気になるので、見に来てほしい。」

とのご相談を受け、無料診断を行いました。

写真を見て分かるように、木材の部分に白いものが付いています。

これが白カビです。白カビは湿気が多く風通しが悪い場所に発生します。

床下は風通しが悪いため、どうしてもカビの発生しやすい場所となってしまいます。

その為、床下の防湿処理が大切になってきます。

家を建てた時にしっかりと床下の防湿処理したという方もいらっしゃいます。

しかし、建物は長い年月とともにどうしても劣化してしまいます。

一度しっかり防湿処理したから大丈夫ですとは言えないのです。

今回のお住まいの場合には、弊社では防湿・防カビ処理と同時に防蟻処理を提案しています。

防湿処理と同時に白蟻対策として防蟻処理することで、どちらの被害も防止できるからです。

今回は防湿処理だけというのももちろん構いませんが、別々に工事してしまうと

同時に行うよりも費用が掛かってしまう為お勧めはしません。

ゲリラ豪雨や猛暑などで空を見上げることもあるかと思います。

その際に、視線を下に向けて足元も見てみることも大事かもしれませんね。