広島県廿日市市で瓦屋根の剥がれた漆喰の無料診断を行いました。

写真から分かるように、屋根の漆喰に反対側が見えるほどのが開いています。

漆喰に欠けたり割れたりしている場合、瓦の固定力が低下してしまい、

瓦が動いてしまう、ずれてしまう等の被害があります。

瓦がずれてしまうと、瓦同士が衝突し瓦自体が割れてしまったり欠けてしまったり、

屋根から落下してしまう可能性もあります。

また、瓦がずれる割れることで、雨水の侵入を防ぐことが難しくなり、

屋根裏や部屋の天井、押し入れの天井など雨漏れしてしまう被害も考えられます。

漆喰に大きな傷みや劣化があった場合は、早めに対処してあげないといけないのです。

今回のお住まいのような漆喰の状態ですと、漆喰の傷みや劣化が大きい為

棟瓦取り直し工事を提案しています。

棟瓦取り直し工事とは、棟瓦を一度取りはずし、漆喰を詰め直した後、取りはずした棟瓦を再び設置する工事です。

漆喰がほとんどなくなったり、瓦がズレでいた等の被害が大きな場合にこの工事が行われます。

今年も広島県にはすでに多くの雨が降っています。

毎日のお出かけの際にちょっと上を見上げてみるなどをして、屋根の事も考えてあげるといいですね。