広島県廿日市市で屋根の雨樋の詰り・ゆがみの無料診断を行いました。 写真を見て頂くと分かるように、雨樋が右側に大きく曲がっています この状態では、屋根からの雨水がそのまま雨樋の下の方へ落下してしまうほか、 外壁等へ雨水がダイレクトに当たってしまう可能性があります。 外壁に雨水がかかってしまいますと塗装の剥がれや雨水の内部への侵入等、 様々な被害が出てきてしまいます。 また、雨樋に落ち葉や泥などが溜まっているところもありました。 雨樋が落ち葉や泥などによって詰まってしまいますと、 雨水が適切に流れず溢れる等の被害に繋がります。 雨樋の役割は、屋根からの雨水を下水や地上に排水することです。 また、雨音の防音効果などもあります。 これらがうまく機能しない場合、上記の外壁への被害の他、 破風板や軒等にも被害をもたらします。 今回のお住まいのように、雨樋に大きな傷みや劣化があった場合、 雨樋の交換・掃除を提案しています。 雨樋の変形・破損箇所が一部であった場合、その部分だけの交換が可能です。 しかし、設置されている雨樋と同じ型番が無ければ、全て交換というケースもあります。 これから、秋雨前線も活発になります。 雨で被害を受ける前に、上を見上げてみて雨樋の確認をしておくといいですね。