広島県広島市西区で瓦屋根のサビの無料診断を行いました。 写真を見て頂くと分かるように、屋根に赤いサビが出ているのが分かります。 しかし、今回のお住まいの様に、屋根は素材によって「錆びて」しまうことがあります。 金属が用いられている屋根が錆びてしまうことは、不思議ではありません。   しかし、実は粘土瓦も「錆びて」しまうのです。   粘土瓦は文字通り、粘土から作られます。粘土は多少なりとも鉄を含んでいます。 その為、瓦に含まれる鉄の部分が錆びてしまい、表面に錆が出てしまう場合があるのです。 サビが発生していても、瓦自体の品質や性能には大きな影響はないため、 お住まいに大きな被害が及ぶことはありません。 しかし、外観に影響が出るため、気になる方は専門の方に相談してみると良いかもしれません。 瓦が錆びてしまうなんて、中々イメージが難しいですが、素材が分かると納得して頂けたかと思います。   今回のお住まいの場合、屋根にひび割れやサビの範囲も広かった為、屋根の塗装を提案しました。 屋根の上に上がって確認することは、落下しけがをする恐れがあるので、 専門家の方に見てもらうと安全です。 普段あまり屋根を気にすることはないと思います。 しかし、この記事を見たときにでも上を見上げてみるといいかもしれませんね。