広島県廿日市市で屋根の先端付近の苔の無料診断を行いました。 写真を見て頂くと分かるように、屋根にこけがついているのが分かります。 築10年ほどの家の屋根には、カビが発生していることが多いです。 特に日が当たりにくい面の屋根に発生しています。 コケや藻が発生自体に問題はありませんが、コケや藻を放置していると 屋根がもろくなります。 屋根は普段あまり見ることができない場所なので、 劣化に気付かないことも多いですが、新築から10年、15年経過すると確実に劣化しています。 築20年ぐらい経ち初めて塗り替えを行うような家の場合、屋根を歩いた時に割れてしまうこともあります。 道路から見える場所に建物が建っている場合は、屋根が劣化していると見た目にもよくないですよね。 苔や藻が発生した時に自分で洗浄しても良いですが、屋根全体をキレイに洗うのはなかなか大変です。 コケが発生した時点で屋根材の劣化が進んでいる為、屋根の上に上がるのはけがをする恐れがあり危険です。 例えるなら、屋根に湿ったスポンジが常にあるような状態です。 気になる方は専門の方に見てもらうと安全ですね。 最近は台風による雨の被害が多いです。天候が変わりやすい時期なので 天気が良いうちにご自宅の屋根を一度確認しておくといいかもしれません。