広島県広島市安佐北区で屋根の漆喰・棟のズレの無料診断を行いました。

写真を見て頂くと分かるように、棟部分が横に曲がっています

棟部分は本来真っ直ぐになっていなければなりません。

このように曲がってしまう原因は、漆喰部分が剥がれているためです。

漆喰は瓦を固定する役割があります。

しかし、漆喰が剥がれ雨水などを含んでしまうことで、瓦や棟を固定する力が弱くなり曲がってしまいます。

一度曲がってしまえば、放置していても直ることはありません。

むしろ、漆喰が剥がれたもしくは棟が曲がった部分から、少しずつ弱っていき、

別の箇所も曲がってしまう、動きやすくなった瓦が落下してしまう等の被害に繋がっていきます。

漆喰や棟に劣化があった場合は早めに直す必要があるのです。

しかし、屋根の上は普段見る事がありません。

屋根の事を考えるのは雨漏れ等が発見された時だと思います。

そのため、どうしても劣化の発見が遅くなり、

補修費用も大きくなってしまうというケースも少なくありません。

定期的な確認や診断が、被害を最小限にする方法の一つなのかもしれません。

広島県も夏の猛暑からどんよりとした曇りの日が続いています。

雨の被害がある間に確認できると安心できますね。