広島県広島市佐伯区で玄関庇の剥がれ・サビの補修工事を行いました。 今回ご相談があったお住まいを確認いたしますと、 玄関の庇が、錆びていたり剥がれてしまっています。 ここまで、サビが広がっていますと、塗装工事をしても長持ちすることは難しいです。 そのため、板金によるカバー工法を提案しました。   玄関の上に庇がありますと、雨の日でも濡れることなく出入りができますよね。 また、庇の役割は雨よけだけではなく、雨風の汚れや雨の吹込みを防いでくれます。 暑い夏には遮熱効果もあるので便利です。 このように庇は普段、小さいながらも雨の日や風の日、太陽光の光から私たちを守ってくれています。 大切な役割を持った庇を錆や剥がれがある状態で 放置しておきますと、錆びた箇所から穴が開き、 最悪の場合、雨漏りしてしまう可能性があります。 雨漏りする前に直すことが出来れば、補修の費用も抑えることが出来ますので、 早め早めの発見や適切な対処が大切なんです。 工事後の写真です。 カバー工法で補修したので、サビや剥がれもなく、これなら雨漏りの心配もないですね。 広島県では例年以上に、大雨やゲリラ豪雨が発生しています。 大きな被害が出る前に安心しておきたいですね。