広島県廿日市市で瓦屋根の漆喰の剥がれ・欠けの補修工事を行いました。 工事前の写真です。 写真を見て頂くと分かるように、漆喰が剥がれていることが分かります。 漆喰は瓦を固定するという役割があります。 しかし、漆喰が剥がれていたり欠けたりすることで、 瓦を固定する力が弱くなり瓦が動きやすくなってしまいます。 このような状態になってしまいますと、動きやすくなった瓦が別の瓦に当たり 瓦が欠け、欠けた部分から雨水が侵入し建物内部に雨漏りの被害をもたらしてしまいます。 漆喰は、屋根の上にある為普段あまり見ることが出来ません。 そのため、定期的な診断が大切になってきます。 漆喰の補修工事は、 既存の漆喰を取り除きます。 既存の漆喰の上に新たに塗り直しを行っても、短期間で剥がれてしまう可能性がありますので、 既存の漆喰はしっかりと取り除いてあげます。 新しい漆喰を詰め、塗り直します。 細部までしっかりと詰めることは難しく、職人の腕の見せ所となってきます。 工事完了です。 漆喰が綺麗に補修されました。しっかり補修を行えば、漆喰は長持ちするんですよ。 定期的なメンテナンスが、漆喰を長持ちさせる方法でもあるんですね。   日本全国で台風や豪雨が発生しています。広島県も例外ではありません。 大雨が来る前に、不安なところを確認して安心しておきたいですね。