広島県広島市中区で瓦が欠けた屋根の補修工事を行いました。 屋根の上に上がってみると、が何か所か欠けていることが分かります。 瓦が欠ける原因は色々あります。 一部の瓦が動きやすくなってしまい別の瓦に当たってしまう、 台風や強風などで物が飛んできて当たってしまう等… 屋根はむき出しなのでなかなか防ぐことはできません。 今回診断しましたお住まいは、破損した瓦が何枚かあったので、 瓦の一部補修工事を行いました。 もともとあった瓦を取り除いてみますと、一部破損していました。 破損箇所を木材で補修し、 その上から防水紙を貼り直します。 瓦桟木を取り付け、その上に新しい瓦を設置して完成です。 屋根の外観はあまり変化せず、防水紙も新しいものになっています。 以前は土を使う「土葺き工法」を使用していましたが、 現在の工法では土を使用しない工法が一般的なってきています。 土を使わないので、屋根にかかる重さの負担を大きく減らすことが出来ます。 屋根の重さが軽くなるので、お住まいに掛かる負担が小さくなり、 耐震性も向上します。   広島県も今年は豪雨の被害がありました。 目に見えるところから、一つずつ確認・適切な処置をしていけば 安心して暮らせるお住まいにできますね。