広島県広島市安佐北区でベランダの手すりサビの塗装工事を行いました。 以前、お客様から 「ベランダの手すりの塗装が剥がれているから見てほしい」 とのご相談を受け、工事を行いました。 無料診断を行った様子も別記事にてご紹介していますので、 合わせて読んでみてください。 工事前の写真です。塗装が剥がれ、赤い錆が瓦にも付着しています。 ベランダの手すりが今回ご依頼があったお住まいの様に錆びてしまいますと、 手すり部分のみではなく、瓦等にまで被害が広がってしまいます。 すぐ雨漏りなどの被害に繋がるものではありませんが、 放置しておくと瓦自体傷む、また錆が原因で手すりがもろくなる等の 被害に繋がってしまうので、早めに処置してあげるといいですね。 今回は塗装という事で、 塗装前にしっかりと錆を落とします。 錆を落とした後、錆止め用の塗料「ファインプライマーⅡ」を塗ります。 錆止め用の塗料が乾いたら、ウレタン樹脂塗料「1液ファインウレタン」を塗り、工事完了です。 塗装工事は簡単そうに見えますが、 表面をデコボコなしで塗るには職人の技術が必要です。 お住まいを綺麗に保ち続けるには、 気になることがあったら早めに確認しておくことが大切なんですね。