広島県大竹市で屋根の剥がれた漆喰・棟の補修工事を行いました。

今回ご依頼があったお住まいにお伺いしますと、

棟部分から土がはみ出てしまっています。

現状の写真とともに棟の積み替え工事を提案し、今回さっそく工事を行いました。

工事前の写真です。棟部分から土がはみ出ており、このままですと危険な状態でした。

棟の積み替え工事は、既存の棟の撤去から始まります。

もとの棟を崩し撤去することで、新たな棟を設置できるように整えます。

棟瓦の下には土やのし瓦も撤去します。のし瓦の下にも土が盛っています。

これらの土は、棟の大切な土台という重要な役割を持っています。

漆喰が剥がれてしまいますと、土が流れ出てしまい棟をさせられなくなってしまいます。

すべて撤去後、再度土を盛りのし瓦を設置し…最後に漆喰を塗ります。

漆喰が乾くと、工事完了になります。

 

棟の積み替え工事は、棟や漆喰の状態が悪かった場合に行われます。

傷みや劣化が軽度であれば、漆喰の塗り直し工事等を行います。

傷みを軽度の状態で補修するには、早めの確認が大切です。

屋根は高所の為、落下するなどの危険を伴います。

気になった時には専門の方にお願いしましょう。

関東ではゲリラ豪雨等、雨による被害が連日ニュースで流れています。

広島県にも今後起こる可能性は十分あります。

気になった時に見ておくことで、

安心して生活できますね。