広島市中区でシミ汚れなどが目立つ外壁塗装の修理リフォーム無料診断を行いました。 写真を見て頂くと分かるように、外壁にシミがあります。 この写真のような変色の原因は、紫外線や雨です。 紫外線や雨による影響で外壁は劣化します。 陽当たりのいい場所や雨が多く当たる場所などは 特に変色しやすい場所です。 汚れは放っておくとどんどん蓄積し、劣化の原因の一つとなります。 また、劣化が進むと、壁の防水効果が失われ、 傷みが進み、ひび割れが生じます。 このような状態になってしまいますと、洗浄などではどうすることもできません。 外壁塗装を考えるほうが良いでしょう。 1カ所でもシミやカビが見つかったら、点検が必要というサインです。 外壁の塗替えをする場合は専門の業者へ任せましょう。 綺麗にしっかりと汚れを落してもらえます。 しかし、同時に費用もかかってしまいます。 汚れの範囲が小さいとかかる費用は安くなりますが、範囲が大きいと費用は高くなります。 汚れがたまる前にこまめに掃除や塗装をしておくことが一番の対策ですね。 一般的に外壁を塗替えるのは、工事を行ってから 約10年程度がよいとされています。 内装やインテリアと違って、 家の外装について日ごろからあまり気にすることはないかもしれません。 しかし、直接風雨にさらされる外壁は家を守る上でとても大切なものです。 この機会に一度確認してみるといいですね。