広島県廿日市市でひび割れなどの基礎巾木の塗装補修工事を行いました。 先日、お客様から 「外壁の下の方(基礎巾木)の塗装が剥がれているので気になっている。見に来てほしい。」 とのご相談を受け、お住まいに伺いました。 工事前の写真です。基礎巾木に大きなひび割れがあります。 リフォームとなると、やはり「屋根」や「外壁」に目が行きがちですよね。 屋根・外壁もお住まいにとっては大変重要な部分ではあるのですが、 実は「基礎」は、その「屋根」「外壁」を支えるという、お住まいにとって重要な役割があるのです。 あまり目立つ存在ではありませんが、決して忘れてはならない部分なんです。   塗装をする前に、表面を綺麗にします。 ここでしっかり表面の汚れを落とすことで、 後の工程である塗装の際に、塗料がデコボコにならずに綺麗に塗れるようになります。 塗料を塗っていきます。 一見簡単そうですが、 均一に塗っていくためには職人の高度な技術が必要なんです。 基礎の塗装を行うことで、基礎の吸水性を抑え、防水やカビ、コケの発生を防ぐ効果が高まります。   今年は例年に比べ雨が多い年となっています。 秋も本格化してきましたし、 たまには視線を下に向けてみるのもいいかもしれませんね。