広島県広島市佐伯区で屋根のひび割れの無料診断を行いました。

写真から分かるように、屋根にひびが入っています。

屋根のひび割れは塗替えが必要な症状の一つです。

屋根は紫外線や雨風を常に受け、家の中で最も過酷な場所にあります。

屋根のひび割れや劣化を放置しておくと、雨水が浸入して雨漏りになります。

また、建物内部の傷みにもつながります。

屋根の塗装だけで済むはずが、劣化を放置したばっかりに

屋根の取り換えが必要となり、高額なリフォームになってしまいます。

そうならないために、屋根のひび割れに気付いた時には

早めに対処して大切な家を守りましょう。

屋根の種類によっては30年以上塗装が必要ないものもありますが、

「ストレート屋根」と呼ばれる薄い板状の屋根は10年前後で塗替える必要があります。

例えば、家を建てて10年経った時に1度目の塗替えを行い、

20年目に屋根の状態が良ければ2度目の塗替えを、

30年目は塗替えではなく、リフォームを行います。

ご自分の家が塗装をすべきなのか、判断するのは難しいですよね。

気になる方は一度専門家に相談してみましょう。

涼しい気候になり、過ごしやすくなりました。

快適なお部屋で過ごすためにも雨漏れがないか一度確認しておきたいですね。