広島県東広島市で湿気をはらんだ床下の白アリ駆除のリフォームの無料診断を行いました。

   

写真から分かるように、床下の木材が湿気を含んでいます。

木造住宅に住んでいる人は、防蟻対策を行う必要があります。

「防蟻」とは、白蟻などの被害を防止するための処理をすることです。

白アリは、いつの間にかやってきて大切な家屋を食い散らかします。

 

白アリは住宅に使用する木材を狙っています。

特に土台となる床下の部分は湿気がこもりやすく、被害が拡大しやすい場所です。

防蟻を施すことは、住宅にとって欠かすことができないものです。

新築であっても被害に遭う可能性はあります。

家の寿命を延ばすためにも、早めの対処が重要です。

白蟻の被害を受ける前に防蟻工事を必ず行いましょう。

一度防蟻を行った住宅でも、数年以上経過している場合は一度確認してみるといいかもしれません。

 

また、ご自分でできる白蟻の被害を防ぐための対策はいくつかあります。

例えば、こまめに掃除や湿気取りを行うだけでも白蟻が家に寄り付かないようになります。

白蟻が建物に入らないように家の修繕を行うことも防蟻対策の一つですね。

防蟻対策を業者に頼む場合には、畳を上げたり、床材を剥がすこともあるので

事前に打ち合わせをしておきましょう。

天気の悪い日が続いています。お洗濯物もなかなか乾かないので

晴れの日が待ち遠しいですね。