小泉 浩之

技術部 部長

小泉 浩之

 

ごあいさつ

家屋のリフォームは決して安くはありません。
だからこそ、自分が持っている最大の知識と経験を活かし、
最高の品質でなければならないと考えています。

リフォームをお願いされたからやっているなんて考える職人は
私が、最も嫌いで、許せないタイプの人間です。
リフォームは、職人の良心や気配りがそのまま品質として
出てしまうので、職人としての心意気がないと良い仕事はできません。

リフォームは、現在の「住まい」だけでなく、
今後の「暮らし」も見つめた対策が必要だからです。

私たちの努力が伝わり、笑顔で「ありがとう」と
喜んでもらえる瞬間こそ私たちにとって至福の時間です。

最近はリフォーム後も、ちょくちょく
お客様のお宅に顔を出させてもらっており
メンテの相談にのったり、雑談したりしています。

お客様とは一生のお付き合いなので
リフォームして終わりという考えでは
絶対にいい工事はできません。

リフォーム会社は、とにかく値段を下げて
いわゆる手抜き工事をする業者もありますが
私たちは、長い目で見た時の総支払額を
重視しています。
悪い素材であれば、その時は安く抑えられますが
長持ちしないので、コストが余計にかかってしまいます。
正光技建は、社長・副社長ともに
職人経験があるからこそ
素材や技術へのこだわりも強く
厳選した素材を使用し、適正価格を
貫いています。

リフォームは、知識や技術だけでなく
お客様の想いを受け止め、
心をこめて仕事に打ち込める職人でなければ、
絶対に、いいリフォームはできません。

そのためにも、人材育成に全力をあげ
心が通ったリフォームを行っていきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。