広島県廿日市市で、剥がれたベランダ防水の補修リフォーム工事を行いました。

 

こちらの写真では、トップコートが剥がれてしまい、

防水層が見えてしまっていることが分かります。

 

ベランダの防水加工を劣化したままにしておくと、

雨水が建物の内部に浸入して柱を腐らせたり、

骨組みが錆びるなどの被害をお住まいに及ぼしてしまう可能性があります。

ベランダの防水工事では、ベランダの床面に防水加工を施して、

ベランダの下地に雨水が浸入することを防いでいます。

雨漏りが発生し天井板にシミができてしまう等、

家全体の寿命を縮めてしまうことになりかねません。

また、ベランダは劣化をしてしまうとひび割れ等も起きてしまいます。

 

こちらの写真は、防水層の中に水が溜まってしまっています。

このようなボコボコした膨らみも、雨漏りの原因となります。

 

普段の生活の中で、洗濯物を干す時にベランダ防水の剥がれなどの異変に

気づいたことはありませんか?

そんな剥がれや、膨れ症状が発生しているベランダやバルコニーは、

防水処理が劣化してきている証拠かもしれません。

早めの補修ができれば、トップコートの補修で済むこともありますので、

普段から確認しておくと安心ですね。

 

肌寒い季節になって参りましたので、

服装などにはご注意して、お過ごしくださいませ。