広島県広島市中区で劣化し剥がれた外壁塗装の修理リフォーム無料診断を行いました。

写真を見て頂くとわかるように、外壁の塗装剥がれています。

 

外壁塗装の剥がれの原因は経年劣化のみではなく、

下地処理の手抜き・下塗り素材の選択ミス・

塗料の乾燥時間が短い等といったことが挙げられます。

 

塗装工事は下地処理が大きなカギとなります。

下地処理がきちんとされていないと外壁に塗料をしっかり付着させることができません。

その為、下地処理で外壁の洗浄などが丁寧になされていない場合、

塗膜が剥がれやすくなってしまうのです。

また、下塗り素材は外壁の状態や材質によって、選択する材料が決まります。

下地材の選択を間違ってしまった場合、

外壁と塗料がしっかり馴染まず、剥がれてしまうということがあります。

 

また、外壁の塗膜が剥がれてしまう原因として、

塗料の乾燥時間が十分に取られなかったということもあげられます。

塗料は最低でも24時間の乾燥が必要です。

乾燥させる時間が不足している場合、

塗料が外壁に馴染まず膨らんでしまう為、剥がれやすくなります。

 

この様に外壁の剥がれは

下塗り・素材・塗装の塗り方によって剥がれていく場合があるので、

外壁に剥がれなどの違和感を覚えた時には一度、

専門家の方に相談してみるといいでしょう。

 

日増しに肌寒くなってきました。

体調を崩されませんようお気をつけください。