広島市安芸群で塗膜が劣化した屋根のリフォーム無料診断を行いました。

  

写真を見て頂くと分かるように、屋根が黒く汚れています

屋根が変色する原因の一つには塗膜の劣化があります。

塗膜とは、外壁や屋根に塗った塗料が乾燥して固まり、膜状になったものを指します。

外壁や屋根は家全体を雨風から守ってくれていますが、

その屋根自体を守ってくれているのが塗膜です。

この塗膜が劣化すると、色あせが起きたり、黒い雨だれ跡が残るようになります。

塗膜の劣化は主に紫外線や雨風が当たることで生じ、

日当たりが良い場所だとすぐに劣化が進みます。

 

塗膜が劣化し、屋根が変色したらどうすればよいのでしょうか?

屋根が変色したらペンキを塗るか表面を塗装しましょう。

ただし、劣化の度合いによっては屋根の上を歩くだけで割れてしまうこともあるので、

専門の業者に相談してみるといいでしょう。

 

屋根を長持ちさせるには瓦の取り換えや塗装などの補修が必要となります。

大事に使い続ける為には定期的に点検を行いましょう。

塗装工事などは業者によって腕の良し悪しが表れますので、

地域で信頼のおける業者に依頼をすると良いですね。

 

今年も残り2か月となりました。

もうすぐ、ハロウィンが始まります。

最近はハロウィングッズやイベントなども増えてきたのでとても楽しみですね。