山口県岩国市で塗装が剥がれ劣化した屋根の破風補修リフォーム無料診断を行いました。

こちらの写真からは塗装が剥がれてしまい、

内側の木部が見えてしまっていることが分かります。

こちらは、雨漏りが原因でコンパネが傷み始めています。

落下し怪我をしてしまいそうで、とても怖いですね。

 

破風には、「屋根裏への風の侵入を防止する」、

火災時に火の手が回りにくくなる」という役割があります。

 

屋根は上から吹き付ける風に対しては強い耐性を持っていますが、

下や横から吹き込む風に対しては意外と脆く弱いです。

そのため、破風板の補修をしていない状態を放置していますと、

下や横から吹く風が屋根の中に入り込んだり、

台風の際の雨水の吹き込みなどが防止されず、傷むスピードが速くなります。

 

この破風板は、サビを防止しているため耐久性がありますが、

激しい雨や台風などの際には、

割れ・剝がれ・落下の可能性がありますのでご注意ください。

 

特に、7~10月は台風の発生件数が多いため、

台風や大雨など大きな自然災害の後には点検を忘れないようにしましょう。

 

ここ数日間で、風が急に冷たくなって来ましたね。

ホットココアなど温かいお飲み物を飲んで、

心も体もあったかくしてお過ごしくださいね。