広島県廿日市市で剥がれや欠けのある棟尻の漆喰の補修リフォーム工事を行いました。  

工事の様子

今回は、屋根の漆喰の補修工事ということで、棟尻部分の補修工事の様子をご紹介します。 早速ご依頼のあったお住まいへお邪魔しますと、 棟尻部分の漆喰が剥がれていることが分かります。 棟尻とは、棟の終わり部分を指します。 普段は、漆喰や板金で蓋をしてますが、 剥がれた場合、雨水が侵入し棟部に水が浸透、雨漏りに繋がってしまいます。 また、葺き土が流出してしまいますと棟が崩れてしまうこともあります。   工事開始です。 古くなった漆喰を撤去していきます。 漆喰を撤去後、新しい漆喰を塗り直していきます。 塗り直した漆喰が、乾けば工事完了となります。 漆喰は、毎日雨風や紫外線の影響を受けるため、経年劣化で剥がれていきます。 また、板金も台風などの強い雨や風で飛ばされてしまうことがあります。 屋根に上がって確認することは、高さもあり落下する可能性がある為危険です。 屋根の漆喰の劣化や傷みについて気になった場合は、早めに専門家に相談してみるといいでしょう。   朝晩とお昼の気温の変化が激しい時期となってきました。 お体に気を付けてお過ごしください。