広島県廿日市市で瓦のズレ止め補強リフォーム工事を行いました。

 

工事の様子

今回、お客様より

「台風が来る前に瓦が飛ばないようにしておきたい」

とのご依頼があり、無料診断後、補強工事を行いました。

 

早速、工事開始です。

瓦同士を専用のズレ止めボンドで止めていきます。

瓦は台風などの強い風を受けてしまいますと、

瓦から隙間風が入り、瓦が飛んでいくことがあります。

一枚瓦が飛んでしまいますと、そこからどんどん瓦が飛んで行ってしまいます。

このような被害を防ぐため、瓦同士をボンドで止める補修工事を行っています。

現在の瓦は釘打ちされているため、このような補修工事をすることはないのですが、

昔の瓦ですと釘打ちなどの風対策がされていない場合が多い為、

今回のように瓦をボンドで止めて補修しています。

屋根にある瓦全てをズレ止めできれば良いのですが、

費用を出すのが難しい場合は、屋根の端の瓦を止めるなど最低限の対策を提案しています。

 

今年の日本は大型台風も多く発生しています。

広島県でも今年は何度も台風が上陸しました。

大きな被害が出る前に、しっかり対策しておくと安心ですね。