広島市安佐北区で錆びた車庫のシャッターの補修リフォーム無料診断を行いました。

写真を見ていただくと分かるように、

車庫のシャッターが一面錆びてしまい、赤茶色になってしまっています。

シャッターの下部分も、塗装が剥げていました。

シャッターは常に雨風にさらされているため、劣化を完全に防ぐことはできません。

10年経ってしまいますと、鉄製のシャッターにはサビが目立つようになります。

特に車庫シャッターは歪みも生じやすい場所です。

雨風の影響や車両の衝突の影響でシャッターを完全に下ろした時に、

全面が地面につかず一部空間ができてしまっているような場合は、

既に歪みが生じてしまっています。

歪みがあると更に雨風の影響を受けやすく、

シャッターの開閉が上手く稼働できなくなるので、

できるだけ車庫のシャッターはこまめにチェックしましょう。

目視と異音のチェックだけでも劣化が分かりますので、

毎回シャッターを使用する時に確認してみましょう。

シャッターに何かを挟んでしまったり、

シャッターの使用期間が長いとどうしても歪みが出やすいので、

異常があれば早めにメンテナンスや修理をしてもらうと安心できますね。

 

朝晩はずいぶんと冷え込むようになりました。

お身体をご自愛くださいませ。