広島県廿日市市で雨染みのある天井補修リフォーム無料診断を行いました。

写真を見ての通り、雨漏りで天井にシミができています。

雨漏りの原因調査は非常に難しく、

「雨水の侵入口が1箇所とは限らない」、

「水の経路が見つけにくい」といったことが挙げられる為、

雨漏りを完全に止めるまでには時間がかかります。

 

例えばご住宅の正面に向かって右側の屋根の先端から雨が侵入したとしても

出てくるときは正面向かって左側の一階部分から雨漏りがしたりするのです。

つまり、雨水が侵入した所から真っ直ぐ下に降りては来ないということになります。

雨漏りの被害として1番に思いつくことは、

住宅が濡れてしまうということです。

 

リビングの天井から雨漏りがした場合は、

その時には既に天井裏や壁の中の柱などを伝い

どこかに溜まってしまっている雨水が溢れ出てきていることになります。

既に見えない所で柱が腐っていたり、

カビやダニが大量に発生していることも十分に考えられます。

お住まいに被害が出る前に、

定期的なメンテナンスで状況をこまめに確認しておくと安心ですね。

 

10月も半ばとなり、朝夜は冷え込むようになりました。

風邪など体調を崩されないようお過ごしください。