広島県広島市安佐北区でサビなど劣化した カーポートの波板リフォーム補修無料診断を行いました。 写真を見ていただくと分かるように、紫外線を浴びて波板の色が変わってしまい、 柱や留めている釘のサビが目立ちます。 波板はかつて、塩ビ素材やアクリル素材のものが多く使われていました。 これらは紫外線に弱いため、 時間が経つにつれて硬化してしまい、衝撃に対し強度が弱くなってしまいます。 その為、約10年前からカーポートの屋根には、 ポリカーボネート素材が使われるようになりました。 ポリカーボネートは、紫外線や衝撃に対して強く、 屋外での耐候性が高いという特徴をもっています。 また、かつては塗装が剥がれることでサビができやすかった スチールを用いた柱や骨組みには、アルミ素材が使われるようになりました。 アルミはたとえ海が近くにあったとしても、サビができにくく 加工性にも優れた素材であるため、カーポートの耐用年数を延ばすことが出来ます。   これからの時期、 たくさんの雪が降り積もってしまうと強度以上の力がかかってしまい、 屋根材が外れてしまったり破損してしまう場合があります。 雪が多く降る地域では補強オプションがおすすめです。   広島県の県北では少しずつ紅葉が色づき始めたようです。 お休みの日に紅葉狩りに出かけてみるのもいいですね。