広島県広島市安芸区でサビや塗装の剥がれのある瓦棒屋根のリフォーム塗装工事を行いました。

 

工事の様子

早速、ご依頼のあったお住まいの屋根を確認しますと、

さびや塗装の剥がれが目立っていました。

早速、工事開始です。

まず屋根のサビをしっかりと落とし、洗浄していきます。

洗浄後、錆止め入り塗料を塗り、下塗りを行います。

その後、メインの塗装作業に移ります。

下塗りを行った後、中塗り、上塗りと計2回塗装を行います。

しっかりと工程を経て塗りこんでいくことで、

塗料を塗った部分がしっかりと丈夫になり、

耐久性が向上します。

上塗り作業が終了し、塗料が乾きましたら工事完了となります。

錆が目立った以前の瓦棒屋根とは異なり、

茶色が輝く綺麗な瓦棒屋根に生まれ変わりました。

 

今回は、屋根の補修工事の一部をご紹介しました。

屋根は普段なかなか上がることが無い為、状態を確認することは難しいです。

しかし、屋根は雨や風から私たちを守ってくれている分劣化も早いので、

定期的に専門家に見てもらうと安心です。

 

秋の味覚が楽しめる時期となってきました。

視覚や味覚で秋を楽しみつつ、食べすぎにはご注意ください。