広島県三原市で白蟻に蝕まれた床下の補修リフォーム無料診断を行いました。 写真を見ていただくと分かるように、土台外壁の内側などが 白蟻に蝕まれ、ボロボロになってしまっています。 白蟻はお住まいの中どこにでも発生します。 初期症状では構造内部の下地、中期症状で柱や水を使う浴室やトイレ、 そして末期症状では玄関の巾木、フローリング、 和室では畳などと目に見える場所が蝕まれていきます。 床下や柱の内部が食い尽くされ、 白蟻被害が確認できる状態になってしまうと、 家が倒壊しても不思議ではありません。   白蟻にターゲットにされやすい住まいの特徴は、 ・建具の立て付けの劣化 ・床下の換気口の数が少ない ・カビの発生しやすい環境 ・水気や水分の多い土地 等 どのご家庭にも一つは心当たりがあるような項目となっています。 一つでも当てはまれば要注意です。   白蟻は木造住宅に多いイメージがありますが、 実際は木造だけでなく、マンションや鉄筋コンクリート造など、 建物の構造を問わずシロアリ被害が想定されると言われています。 白蟻被害に遭われる前に、防蟻対策などをしておくと安心です。   一雨ごとに肌寒くなっております。 くれぐれもお身体に気を付けてお過ごしください。