広島県広島市南区で塗装の剥がれなど劣化した外壁塗装の修理リフォーム無料診断を行いました。

写真を見ていただくと分かるように、

外壁を手で触ると白い粉がついてしまいます。

皆さんもこのような外壁によって、

洋服や手などが白く汚れてしまい困った経験はないでしょうか?

このように外壁を触ると白い粉がつくことを「チョーキング現象」と言います。

塗料の成分の顔料がチョークのように粉状になって消耗していく現象です。

チョーキング現象は一度なってしまうと、

放置しておいても勝手に修復することはありません。

時間が経つにつれ、別の場所が傷んできてしまいます。

毎日、太陽からの紫外線や熱、

風や雨などによって巻き上げられた砂などによって外壁は劣化していきます。

外壁に傷みが生じますと、塗料の防水効果が切れているため、

雨に対する耐久性が弱くなり、

雨水が侵入し外壁が腐ってボロボロになってしまうこともあります。

また、ヒビや壁が歪むことで隙間が生じてしまい、場合によって大きな工事が必要となります。

外壁に傷みが見られた場合は、早めに専門家に相談し診断してもらいましょう。

 

秋刀魚やサツマイモなど、

秋の味覚が楽しめる時期となってきました。

秋を肌で感じつつ、寒さに負けないようにしたいですね。