【切り土】きりど、きりつち

高い地盤や傾斜地などを作成する際に、高い地盤や斜面の土を切り出し、

平らな地表を作ることをいいます。

また、この工事で削り取った土砂自体を指すこともあります。

地面を削る切り土は、地面に土を盛る「盛り土」とは異なり、

もともとの地面を削るのみであるため、強度は維持されます。