【建ぺい率(建蔽率)】けんぺいりつ

建ぺい率とは、指定の土地に建てられる建築物の建築面積の割合のことを指します。
建ぺい率は、
「敷地面積(土地の面積)」÷「建築面積(建物を真上から見た面積)」×100
の計算式で出せます。
建築基準法では建築物を建てる上で、
風通しや日照などを十分に確保し、
近所など周辺を考慮・災害を防ぐ目的で建ぺい率を定め、制限しています。
また、建ぺい率の制限は、
地域ごとにパーセンテージが異なっていることも特徴の一つです。