広島県広島市南区で劣化により剥がれたタイル補修リフォーム無料診断を行いました。

 

お客様から

「タイルの剥がれがひどくなってきたのでどうしたらいいですか?」

とお問い合わせがありましたので、補修リフォーム無料診断を行いました。

 

早速、お住まいへお邪魔しますと

タイルが劣化していて剥がれている箇所が目立ちました。

また、タイルの繋ぎ目の目地にもひび割れが生じていました。

このような状態になってしまった原因は、

目地のひび割れの部分から雨が侵入し、

壁とタイルの接着部分のモルタルに浮きが生じたため、

耐えきなくなったタイルが剥がれてしまったからです。

 

そこで今回は剥がれてしまった部分のタイルは新しいタイルを貼り付け工事の他に、

この現象が起きた場合

他の部分にも雨水が侵入している事が考えられるため

タイルの打診検査も提案しました。

 

打診検査というのは、

実際に打診棒でタイルを叩き、その音を聞いて検査する事です。

 

低い音だと、中に空隙がないので問題ありませんが

高い音だと、すでに中に空隙があり、放っておくとまた今回の様に

浮きができ、タイルが剥がれ落ちてしまいます。

空隙があるとわかった部分には樹脂を注入し、未然に浮きや剥がれを

防ぐことができます。

 

外壁部分の欠損はどうしても目立ちますが、

修繕や防止する事で

きれいなタイルが保つことができます。

一つの気付きや気遣いで生活が快適になると嬉しいですね。