広島県広島市西区で劣化した屋上の防水塗り替えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋上防水塗り替えリフォーム工事
工事期間:4日間
築年数:35年前後

工事の様子

ご依頼のあったお住まいの屋上へ上がらせて頂くと、

表面が汚れで傷んでいました。

工事開始です。

まずは高圧洗浄機で表面の汚れを洗浄します。

表面が乾いたらプライマーを塗っていきます。

「プライマー」とは下地に塗る接着剤のようなものです。

防水工事の塗料は重ね塗りが必要不可欠なため、

塗料同士をきちんと接着させるために

プライマーを最初にしっかりと塗ります。

プライマーを塗り終えたらトップコートを塗っていきます。

「トップコート」とは防水層を守るための塗料です。

雨水が建物内部へ侵入するのを防ぐために作られた層を

「防水層」と言い、この防水層を保護するために

トップコートを塗ります。

トップコートをすべて塗り終えたら工事完了となります。

 

屋上の防水層の劣化は気づかないうちに

進行している場合が多くあります。

劣化のサインとして以下のものがあります。

 

・雨漏りしている

・雑草が生えている

・破損がある

・コンクリートにひびが入っている

・防水層が膨らんでいる

 

防水層まで劣化が広がると

大がかりな防水工事をすることにつながります。

劣化症状が出始めたらすぐに専門業者に相談しましょう。

 

10月もそろそろ終わりに入りました。

秋は月が綺麗に見える季節です。

この機会にゆっくりお月見などはいかがでしょうか。