広島市安佐北区で鉄筋が錆びてしまったブロック塀の補修リフォーム無料診断を行いました。

写真を見ていただくと分かるように、

ブロック塀を内側から支えている鉄筋が錆びてしまい、

周りのブロック崩れてしまっています。

記憶に新しい今年6月に起きた大阪北部地震では、ブロック塀の倒壊により悲惨な事故が起きました。

ブロック塀は一見とても頑丈そうに見えますが、

意外にも手入れや補修をしていなければ寿命は10~15年と短いです。

特にこちらのお宅のように、内側から支えている鉄筋が錆てしまうと

ブロック塀の中心部分が徐々に脆くなり、

地震などで衝撃が加わった際に倒壊しやすくなっています。

ブロック塀を見た時に外側も錆びている場合は、

鉄筋も錆びている可能性があります。

また、鉄筋の錆び以外にも注意しておかなければならない点があります。

 

・ぐらつき

・ひびなどの亀裂

・傾き

 

これらに一つでも当てはまる危険性がある場合、

早急に専門家の方に相談して適切な補修をしてもらいましょう。

 

最近では、地震が起きにくいと言われている地域でも関係なく起き、

日本各地で大きな被害が出ています。

自然災害はいつ起きるか分かりません。

もしもの時に被害が出ないよう今のうちにしっかりと備えておきたいですね。