安芸郡で曲がり歪んでしまったのし瓦のリフォーム無料診断を行いました。 無料診断を行いますと写真を見て頂くと分かるように、 真ん中の棟の部分に歪みが生じ、曲がっています。 なぜ棟が曲がってしまうのかと言いますと、棟の中の屋根土が劣化してしまっており、 瓦をしっかり固定する力が弱くなっているからです。 棟の中の土は粘土のため、 初めのうちは強度が高く保たれているのですが、 数十年経つと強度の低いボロボロの土になってしまいます。 この状態のまま放置をしてしまいますと、 地震や大雨などの災害で崩れ落ちてしまう可能性があり大変危険です。   またこちらの写真からも、のし瓦に隙間が空き、 今にも崩れてしまいそうな状態になっていることが分かります。 のし瓦は雨漏れ防止の役割があるのですが、 このように隙間が空いてしまいますと、その中から雨水が侵入し、 室内に雨漏れを引き起こしてしまう可能性があります。 さらに、このようにズレが大きくなっていますと、 瓦自体が崩れ落ち、ケガをしてしまう可能性もあります。   このような被害を防ぐためにも、定期的なメンテナンスを行いましょう。 屋根に登って確認するというのは危険を伴いますので、 専門家に相談して診断してもらうと安心ですね。   台風や大雨の他に、雪が降る季節が近づいてきました。 自然災害に負ける事のないよう しっかりと対策をして、家族が安心して暮らせるようにしたいですね。