廿日市市で雨漏れでできた天井染みの無料診断を行いました。 早速ご依頼のあったお住まいにお邪魔しますと、 茶色い染みが天井に大きく広がっていますね。 これだけ茶色く滲み出てしまうと、 天井裏の木材は傷み、腐食が進んでる可能性が非常に高いです。 屋根に上がらせて頂きますと、 棟板金が剥がれ、隙間が空いています。 棟板金とは屋根の頭頂の部分を覆っている金属の板の事です。 この棟板金、突風や強風などによって浮いたり剥がれてしまいやすく、 隙間から雨水が入り込み雨漏れしてしまいます。 この棟板金の剥がれに早く気づき対策を打っていれば、 大きい天井染み等の被害を受けなかった可能性も高く、 天井裏の木材を腐食させなくて済んだかもしれません。 屋根の上は普段チェックできる場所ではないのでなかなか目が届かず、 直接的な被害を受けて初めて屋根が傷んでいることに気付いた、 というケースも少なくありません。 しかし、早期に気付くことが出来れば大きな被害を防ぐ事ができます。 定期的に専門家に屋根をチェックしてもらいましょう。   外も寒さが増し、日が落ちるのが早くなってきました。 夜道の交通事故も増え危険ですので、 明かりなどを照らし気を付けて帰宅しましょう。