広島市安佐北区で白い粉が付く外壁塗装の修理リフォーム無料診断を行いました。   こちらの写真をご覧ください。 外壁を触ってみると手に白い粉が付着してしまいます。 これは外壁塗装の劣化現象のひとつ、 チョーキング現象と呼ばれているものです。 この手についた白い粉の正体は、塗料を塗った際にできる膜の中の顔料です。 塗料の中には顔料が含まれていない(クリアー塗料)等もありますが、 一般的に使用される塗料の多くが顔料を使用しているため、 経年劣化に伴いチョーキング現象は起こるようになります。 チョーキング現象が見られた際には、早めに専門家に相談しましょう。 今回弊社では、「外壁塗装工事」を提案し、後日工事を行いました。 外壁の塗装工事は下地処理が重要になってきます。 高圧洗浄で外壁を充分に洗い、塗装を行います。 塗装作業には、下塗りから中塗り、上塗りと3工程あります。 下塗りを行うことで、後の工程である中塗り、上塗りの塗料が定着しやすくなります。 外壁はお住まいの外観にも大きく影響します。 しっかりとした工程で塗装を行い、 安全で綺麗なお住まいにしていきたいですね。   さわやかな秋晴れの日が続いております。 体調を崩さぬよう、温かくしてお出かけください。