広島市安佐南区で経年劣化した外壁シーリング打ち替えのリフォーム無料診断を行いました。

 

こちらの写真から塗装が剥げて、下地が痛んでいることが分かります。

シーリングが劣化し、コケが生えてしまいます。

新築の状態から、約10~15年ほどでシーリングは劣化してきます。

そのため今回はお客様に「外壁のシーリング打ち替え工事」を提案し、後日工事を行いました。

シーリングは「住宅への雨水の染み込みを防ぐ」、

「住宅の動きに順応する」など、住宅にとって非常に重要な部分になります。

シーリングは紫外線や雨風、

地震など自然からの影響を受けることで経年劣化してしまいます。

そこで、外壁材の「目地」部分にシーリング材を打ち込み、

住宅の動きやズレに順応させることが重要になってきます。

シーリングの劣化を放置していますと、

ひび割れてしまいその後剥離した部分から、

サイディングパネルの内部に雨水など水分が侵入してしまいます。

内側に雨水が浸入すると、雨漏れや住宅の断熱材にカビが発生、

住宅を構成している木材自体が腐敗してしまう等、非常に危険な状態になってしまいます。

住宅の内部が腐ってしまうとサイディング本体を貼り替えるなど、

大掛かりな改修工事を行わなければならず、工事費用も増えてしまいます。

大きな被害になる前に、定期的にシーリングの状態を確認しておきましょう。

 

秋の虫の音が聞こえてきましたね。

栗や秋刀魚など、秋の味覚に舌鼓を打たれてみてはいかがでしょうか。