広島県広島市佐伯区でゴミが溜まり曲がってしまった雨樋のリフォーム無料診断を行いました。

 

写真を見て頂くと、長年の放置により落ち葉やゴミが溜まってしまい、

雨水が通りにくくなっていることが分かります。

こちらの写真からは、まっすぐに取り付けられているはずの雨樋が曲がっています。

原因として、劣化により素材が脆くなっている、

雨樋に落ち葉やゴミが溜まり曲がってしまっている等様々なことが考えられます。

また、雨や風や地震などの影響で雨樋が曲がってしまうというケースも少なくありません。

今回ご依頼のあったお住まいの雨樋のような状態では、

雨水を適切な場所へ排水し、腐食を防ぐという本来の雨樋の役割が果たせなくなってしまいます。

雨樋がうまく活用されない状態では、

雨水が建物に侵入し雨漏れを起こしてしまう、

木材に雨水が浸透し腐食が進むなどの劣化を引き起こします。

様々な被害を防ぐために、雨樋の確認はこまめに行っておくと安心です。

雨樋は目の行き届きにくい屋根の上などに比べ、

普段の生活の中で目の届く場所に設置している場合が多い為、

異変に気付く事ができ、対処もしやすい場所でもあります。

異変に気付いた場合には、早め早めに専門家に相談してみてもらうと安心ですね。

 

普段から小さな確認をしておくことで、

長くお住まいを守り続けることが出来ます。

1人でも多くの方が安心して暮らせるお住まいにしたいですね。