広島県広島市佐伯区で腐食した玄関庇取り替えのリフォーム無料診断を行いました。

こちらの写真からはの排水ドレンに雨水が上手く流れず、

庇自体の中に雨水が溜まり、木部が腐食してしまっていることが分かります。

庇が雨水を含み、今にも落下してしまいそうな箇所もありました。

今回はお客様に「玄関庇の取り替え工事」を提案し、後日工事を行いました。

 

庇には

「直射日光を遮断し、室内の温度上昇を防ぐ」

「玄関や窓から室内への雨の侵入を防止する」

「サッシ部分に付着した埃や汚れから玄関や窓を守ってくれる」

など、暮らしを快適で豊かにしてくれる役割があります。

庇の劣化や傷みを放置したままでいますと、

長年に渡り雨風に曝されるため、埃やゴミを含んだ汚水が壁から流れ落ち、

黒い筋の汚れが付いてしまいます。

 

今回のお住まいのように、庇自体に雨水が溜まると、

コケやカビが発生しやすくなるだけではなく、

庇の下から雨漏りをする可能性があります。

今回ご依頼のあったお客様も雨漏りに気付いた後に庇の診断を依頼されました。

雨漏りをしていても気づかない場合は、

庇の落下という危険性があるため、定期的に診断をされることをお勧めします。

風通しが悪い、庇や玄関が東向き・北向きのお住まいは特に劣化しやすいため、ご注意ください。

 

朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。

お住まいだけでなくお身体にもご自愛ください。