広島市安佐北区で瓦が欠け雨漏りしている瓦屋根の補修リフォーム無料診断を行いました。 写真を見ていただくと分かるように 漆喰にが生えたり、瓦が欠けてしまっています。 漆喰に苔が生えているということは、 漆喰のひび割れたり欠けた箇所から雨水が入っているという事になります。 雨風に漆喰がさらされるため、ひび割れなどの傷みを防ぐことは難しくなってきます。   また、こちらの瓦は青色がとても印象的ですね。 このような瓦を青緑瓦といい、陶器瓦釉薬瓦の一種です。 釉薬瓦は30年ほど前に洋風な家とよく合う等の理由から人気が高く、良く使用されました。 その頃は青色ばかりでしたが、 現在では黒色やこげ茶などが主流となっています。 表面がガラス質で硬く頑丈な瓦ではありますが、 経年劣化や飛来物の衝突などを防ぐことはできません。 しかし、ひび割れを放置したままにしておくと、 屋根を葺き替える等、大きな工事をしなけらばならない状態になってしまっています。 ひび割れや苔を見つけたら、早めに専門家に相談しておくと安心でしょう。   近年、これまでの常識が通用しないような異常気象が多くありました。 今までとは違い、お住まいも大きなダメージを受けている可能性が高いです。 冬が来る前にしっかりと異常がないか確認し、対策をして ご家族の皆様が安心に暮らせるようにしたいですね。