広島市安佐北区にお住まいのお客様から、 「納屋を放置して随分経ってしまった。家の状態が不安だからみてもらえませんか」 とご依頼を受け、早速納屋の無料診断を行いました。   写真から、屋根の瓦と瓦をつなぐ漆喰の部分が大きく破損し 崩れ落ちている状態になっていることが分かります。   屋根裏では、長年の放置のせいか木材が腐食しカビが生え、 染みが全体に大きく広がっています。こちらはすでに雨漏れの被害が出ているようでした。 このまま手を加えずに放置を続けてしまいますと、 傷んだ漆喰の間から雨水が入り込み建物に雨漏れ等のの被害をもたらします。 また、内部に侵入した雨水によって、建物が腐食してしまいます。 最悪の場合、建物全体が崩れ落ちてしまう可能性もあります。 建物の寿命は建てたその日からどんどん減っていきます。 私たちがその建物の寿命を少しでも永く延ばし快適に住み続けていくには、 早く傷みに気づき対処していく事がとても重要になってきます。 しかし、毎日建物のあらゆる所をチェックして傷みを探すことは、 時間も掛かりとても難しいです。 その為、定期的にメンテナンスをしておきましょう。 しっかり建物の現状を知り、寿命を延ばしてあげたいですね。   本格的な寒さに向かっております、 風邪など引かれないようご自愛ください。