廿日市市にお住まいのお客様から、 「雨樋が歪んでいるのでみてもらえませんか」 とご依頼を受け、早速雨樋の無料診断を行いました。   写真から、雨樋が外れ下に落下していることが分かります。 雨樋が歪んでいる箇所もありました。 雨樋が歪んでいる・外れている状態ですと、 屋根の雨水を集め外に流すという雨樋の本来の役割を果たすことが出来なくなってしまいます。 破損したままの状態で放置をしていますと、 軒先から雨水が溢れ出し、落ちた部分の植栽を傷めたり、 建物のまわりに溝や水たまりを作ってしまうなど お住まいに様々な被害を及ぼす可能性があります。 また、水溜まりからはね返ってた泥水が外壁や基礎に当たり、 建物を傷めてしまうといった被害になることも考えられます。 雨樋は常に太陽光や雨、風にさらされてしまうため、 どうしても劣化や破損しやすい部分でもあります。 同時に、落ち葉やゴミが溜まりやすい場所でもありますので、 定期的に掃除を行いゴミを取り除いておきましょう。   しかし、雨樋は屋根の端に取り付けられていることが多く、 メンテナンスするには落下などの危険を伴います。 気になった際には無理をせず、 専門家に相談し安全にメンテナンスを行いましょう。   小さな気付き1つでお住まいをより良くすることが出来ます。 毎日の気付きや心配りを大切にしていきたいですね。