広島市安佐北区で切れてしまったコーキングの補修リフォーム無料診断を行いました。 写真を見ていただくと分かるように、 外壁の隙間を埋めているコーキングが剥がれて破断した状態や ひび割れた状態になってしまっています。 コーキングとは、普段あまり聞き慣れませんが 外壁や窓のサッシ周りなどにシールというゴム状のものを埋め込み 隙間から水や汚れなどが入るのを防ぐことです。 「目地」と呼ばれることも多いです。 シリコンやポリウレタン性の素材で出来ているため、紫外線が当たってしまうと、 ひび割れが起き、ひび割れた部分から素材が剥がれていく等劣化の原因になります。 コーキングがひび割れた状態のまま放置してしまいますと、 外壁の隙間から雨水が侵入し雨漏れに繋がる可能性があります。   コーキングの補修といえば「打替え」と「増し打ち」の2種類の方法があります。 「打替え補修」とは、傷みの激しい既存のコーキングを全部撤去し 新しいコーキング材を充填していく方法です。 もう一方の「増し打ち補修」とは、 傷みが軽度であり取り替えるほどではない場合に用いられることが多く、 既存のコーキングの上から 新たなコーキング材を充填していく方法です。 増し打ち補修の方がコーキングを撤去する作業がない分 工期が短く費用も低くすることが出来ます。   お住まいの気になる所は早いうちに補修することで 安心した毎日に繋がりますね。