広島市安佐北区で熱により変形した波板の補修リフォーム無料診断を行いました。   先日お客様から、 『波板に隙間が出来てしまっている。雨の時が心配。』 との問い合わせを頂き、早速波板の無料診断を行いました。   こちらが現地の写真です。 波板が黒く変色し、大きく変形している箇所もありました。 一般的に波板の被害は、台風などの突風が吹いた時に、 留めているフックが外れる、波板が飛んでいく等といったケースが挙げられます。   しかし、今回のケースは突風による被害ではなく、『』による被害でした。 お客様が使用していた波板の素材は塩化ビニールのもので、 少し前までは多くの小屋や駐車場の屋根に使用されていました。   塩化ビニールの素材は熱による耐久性が低い為、 今回熱を吸収した部分が黒色に変色、黒色の部分が光を集め、熱を吸収してしまい 変形してしまったことが、今回のお客様の現状でした。   そこで今回はポリカーボネートを使用した、波板貼り替え工事を提案しました。 ポリカーボネートは数ある波板の種類の中で耐衝撃性・透明性・耐熱性・耐候性・軽量の 5つのポイントを満たしている最適な素材です。   強度を上げることで安心でき、また綺麗に貼り替ることで 気持ちの良い快適な暮らしが出来ますね。   ガソリンの料金が日に日に安くなってきました。 お休みの日にはドライブして紅葉を楽しむのもいいですね。