広島市安芸区にお住まいのお客様から、

「家で過ごしている時、夏の暑さや冬の寒さが辛くて気になっている」

とのご依頼を受け、屋根の断熱の無料診断を行いました。

写真を見ていただくと分かるように、屋根裏に断熱材がない状態です。

夏は日差しが強いため、夏の屋根は気温が50~70℃に達し、

その熱が天井や壁を伝い部屋の気温を上昇させることから

お住まいの2階の方が気温が高くなります。

また、温かい空気は上昇する性質があるので

冬になると暖房などで温めた空気が天井や屋根を伝い外に逃げてしまいます。

そのため、屋根とお住まいの気温というのは、

実は密接な関係なのです。

 

今回はお客様のご要望もあり、

屋根裏に断熱材を置く工事を提案させて頂き、後日工事を行いました。

 

暑さや寒さを緩和するため、

や屋根または天井裏に断熱材を入れるリフォームが主流となっています。

特に省エネという声が高くなったころから、

冷房・暖房費なども節約できるという事から注目されています。

 

断熱材は、最近建てられたお住まいには入っていることが多いですが、

築年数が長いお住まいは入っていないことが多いです。

これから寒い時期がやってきますので、

お住まいに断熱材が入っているか確認しておきましょう。

 

素材の進化や、建築の規定の改善などから

将来、私たちの想像を超える快適な生活ができると思うと

今からとても楽しみですね。