広島市東区で経年劣化により錆びた屋根板金の取り替えのリフォーム無料診断を行いました。

 

お客様より「屋根板金が錆びて、その下のモルタルが落下してきたので診てほしい。」

とお問い合わせがあり、屋根板金の無料診断を行いました。

 

こちらの写真からは屋根板金が錆びていることが分かります。

屋根板金が錆びていると、雨水が板金の内部に溜まり、

その雨水が下地である木部を腐らせます。

そして、下部にあるモルタルが柔らかくなってしまい、

大雨が降った際に大量の雨水を支えきれず、この写真のようにモルタルが崩れ落ちてしまいます。

この写真のように屋根板金から浸入してきた雨水は外壁を伝い、

住宅の下部にある土台である木部まで腐らせてしまいます。

そこで今回は、お客様に「屋根及び庇板金の取り替え工事」を提案し、後日工事を行いました。

屋根板金には壁面に汚れを作ったり、

室内への雨水の浸入を防ぐ役割があります。

 

通常、屋根や庇板金が錆びてしまった場合は鉄板の上から塗装をしたり、

ケレン掛けを行い、錆びを落とします。

 

しかし、今回のように錆びが進行し、モルタルも崩れ落ちてしまっていた場合、

屋根板金の下の腐った下地の木部を解体し、

再度下地から組み直してガルバニウム鋼板のカバー工法を施さなければなりません。

このように屋根板金の錆びを放置しますと、工事の規模も大きくなり、

その分工事日数も長期化・費用も大きくなってしまいます。

目に見える部分は定期的にチェックを行い、

何か気になる点がありましたら、早めに専門家に相談し確認をしておきましょう。

 

冬が近づき気温も下がってきました。

夜は特に冷えますので、

風邪など引かれないよう、温かい服装でお過ごしください。