広島市安佐北区でひびの入った袖壁の補修リフォーム無料診断を行いました。 写真を見ていただくと分かるように、2階ベランダ横の突出している袖壁に ひびが入っています。また、黒い汚れが広範囲に付着しています。 まず、袖壁とは普段あまり聞き慣れない言葉ですが、 建物から外に張り出している壁のことを指します。 また室内の目隠しを目的とした 張り出している壁のことも袖壁といいます。   外壁の袖壁は万が一、火事が起きた際に 火が広がることを防ぐ防火の役割や 耐震補強の役割を果たしています。 外壁に貼り出した部分の袖壁を作るだけで こんなにもメリットがあるのです。   袖壁のみならず、外壁のひび割れは 地震などによる揺れ・乾燥・塗料の経年劣化の 大きく3つが原因として考えられます。 もしそのままにしておくとひび割れから内部に雨水が侵入し 雨漏れ白蟻の発生の原因にもなります。 ひび割れ補修の一般的な方法の1つとして外壁の下塗りがあります。 外壁の塗装は一般的に、建物の経年劣化や、塗料の耐久年数から 10年に1度は補修をした方がいいと言われています。 前に補修してから大体10年ほど経つ場合は、確認をしておくと安心ですね。   定期的にメンテナンスをすることで お住まいとご家族の健康を守っていきたいですね。